湖北省観光局

お問合せ番号:027-12301
TEL:027-87124700
FAX:027-87124710
住所:湖北省武漢市武昌区中北路98号

TOP > NEWS & TOPICS > 武漢で三つの博物館を新建!

NEWS & TOPICS

サイト更新情報

武漢で三つの博物館を新建!

ニュース 2013/01/25

2012年12月20日、80年の歴史を持つ江漢関を博物館に改造する工事が着工し始め、武漢市にて歴史文化の風格のある街区の保護活動を開幕した。政府からの情報によると、漢正街博物館と映画博物館もそろそろ着工するそうである。

江漢関博物館
この博物館は華中にて初めの海関旧跡で建設する博物館であり、来年開放する予定 で、1942年の民国海関の画面を復原し、例えば、通関ホール、税務司室などである。また、博物館より主催する「苦しい跋渉——武漢市近代化歴程」の展覧 会は来年の上半期まで開放する予定で、既に千以上の文物を募った。例えば、江漢関の馬蹄銀、制服、海関係員の従業員証などである。

漢正街博物館
武漢市の名刺とする漢正街には少量の歴史ある建物を保留する以外、漢正街博物館を再建する。この博物館は漢正街を主軸とし、東は多福路から、西は武勝路に至るまで、南は沿江大道に接し、北は三曙街に臨み、未来の新しい漢正街にて文化観光の核心機能を果たすものとする。

映画博物館
1905年、武漢京劇の老生である譚鑫培は中国歴史上の初めの映画である「定金山」 を撮った。2011年、武漢は映画を通じて、3.5億元の興行収入をもらい、全国ランキングで6位にあった。映画市場の高地に位置する武漢市は来年の金鶏 百花映画祭を開催後、映画博物館を着工するものとする。

武漢で三つの博物館を新建