湖北省観光局

お問合せ番号:027-12301
TEL:027-87124700
FAX:027-87124710
住所:湖北省武漢市武昌区中北路98号

黄鶴楼

黄鶴楼
大川に亀蛇山を(亀山と蛇山)——黄鶴楼に詩賦を
漢 詩
昔人已乘黄鹤去,此地空余黄鹤楼,
黄鹤一去不复返,白云千载空悠悠。 《黄鶴楼》- 崔顥德

蒼々とする蛇山の辺に、浩浩とする長江の浜に位置する黄鶴楼は湖南省岳陽楼、江西騰王閣と共に「江南の三大名楼」と言われます。
それに、黄鶴楼はこぼすほどに詩に満ちる楼です。
おばしまにもたれ浮雲の中に身が置かれ、目の前の現代化された綺麗な都市、古代の文明と現代文化を融合している息吹きが心の中に流れてきて、歴史の深さに「いま」を忘れるほど夢中になります。

千年来、黄鹤楼に詩賦で美しく飾られ、それで代々有名な詩人や詩歌を育ってきました。
伝説によると昔、李白が黄鶴楼をのぼる時、詩の創作意欲にあふれている中、崔顥の詩を見て絶賛しそれを超える詩は書け出せないことで、「一拳捶碎黄鹤楼,一脚踢翻鹦鹉洲,眼前有景道不得,崔颢题诗在上头」の「打油詩」という通俗的でユーモアに富んだ詩を書いた後、さっと筆を擱き(おき)黄鶴楼に関する詩を書くのはやめました。それで現在に有名な「擱筆亭」の由来となっています。
こちらは古代の詩人が詩を残す勝地だけではなく、偉人である毛沢東にも愛され、「菩薩蛮·黄鹤楼」という詞を残しました。

蛇山の黄鶴楼
蛇山の黄鶴楼
白雲閣
白雲閣
黄鶴楼
黄鶴楼