湖北省観光局

お問合せ番号:027-12301
TEL:027-87124700
FAX:027-87124710
住所:湖北省武漢市武昌区中北路98号

TOP >三国志・赤壁 > 一覧で観る

【特集】三国志・赤壁

諸葛亮孔明・関羽に縁のある建物 有名な建物 有名武将の像 景勝 一覧で観る
一覧で観る
古隆中
(こりゅうちゅう)
古隆中は、湖北省襄樊市から13キロメートルの歴史文化と山岳丘陵の景色が一体となった観光地「隆中風景区」内にあり、面積は209平方キロメートルです。
蜀の王となる劉備に宰相として仕えた諸葛亮孔明が、劉備に仕える前にここの茅の庵に住んでいました。
襄樊古城
(じょうはんこじょう)
襄樊古城は湖北省襄陽市にあり2700年の歴史を有する古城である。
三国時代に関羽が攻めた襄陽城であり、現在存在するのは明清時代に修築されたものです。
荊州古城
(けいしゅうこじょう)
荊州古城は中国の春秋戦国時代・楚国の都で、古くから江陵と呼ばれ、三国時代は関羽が守った城として有名です。
赤壁古戦場
(せきへきこせんじょう)
「三国志」の中の「赤壁の戦い」の古戦場として有名になった赤壁は湖北省に2ヵ所あります。 一つは黄州の西側に位置する「文赤壁」で、もう一つは蒲圻県に位置する武赤壁です。
黄岡東坡赤壁
(こうこうとうばせきへき)
宋の時代の詩人である蘇軾(そしょく)(=蘇東坡)が作った「赤壁の賦」で有名な黄州赤壁です。
明顕陵
(みんけんりょう)
四十年を経て、建てられた明顕陵はレイアウト・デザインを巧みに仕上げて、宮殿楼閣の外観も生き生きとしているようで、「一陵両塚」(一つの陵に二つの墓)で有名になりました。
元佑宮
(げんゆうぐう)
元佑宮は湖北省鍾祥市郢中鎮東南側の隅に、龍山の麓にある鏡月湖の畔に位置して、敷地面積は15000平方メートルで、今まで430年余りの歴史を持って、湖北省文物保護単位です。
玉泉寺
(ぎょくせんじ)
玉泉寺は当陽から西へ約15キロメートルのところにあり、かなり立派な寺であり、山西解州関祠及び荊州関廟と共に「全国三大関公記念聖地」と言われています。
当陽関陵
(とうようかんりょう)
当陽関陵は当陽県より約15分、5キロメートルの所に位置しています。
219年、関羽は麦城で孫権に捕えられ、降服を拒否して、首を刎ねられました。その胴体が当陽に祭られていると言われています。
諸葛亮広場
(しょかつりょうひろば)
諸葛亮広場は湖北省襄陽市長虹北路の中段にあり、敷地面積は106ヘクタールで、中には現代的な大型体育場、娯楽射撃場、プール館、展覧会センター、音楽噴水などがあり、文化・体育・レジャー・商務を一体化にした大型生態総合広場です。
荊州関帝廟
(けいしゅうかんていびょう)
荊州古城は中国の春秋戦国時代・楚国の都で、古くから江陵と呼ばれ、三国時代は関羽が守った城として有名です。
猇亭古戦場
(こうていこせんじょう)
猇亭古戦場は「夷陵(いりょう)の戦い(または猇亭の戦い)」という三国志の蜀皇帝を僭称した劉備が、関羽の復讐のため、ここまで攻めて来たが、結局、仇討だけでは敵を倒すことができず、蜀の滅亡の遠因を作った場所と言われたところです。
水鏡庄
(すいきょうしょう)
水鏡庄は三国時代の司馬徽を記念する建物で、1994年に国家重点風景区に指定されました。
水鏡庄には水鏡先生(先生は中国語で男性の敬称である)・司馬徽が隠居生活をしていた白馬洞と言う洞窟が残り、1742年、記念の楼閣を建てました。
武当山
(ぶとうさん)
武当山は別名「太和山」とも称され、湖北省の十堰市の南側に位置して、宋の書家米芾様は武当山のために「第一山」と言う力強い文字を書きました。
武当山は建築の規模上、五岳を超えました。
鄂州呉王古都
(がくしゅうごおうこと)
呉王城遺跡は三国時代の東呉都城であり、市区の百子畈に位置します。
我が国に唯一の残存した三国都城の遺跡として、比較的高い考古学の価値と歴史的価値を持っています。